<   2005年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

タマネギと切干大根のMISOスープ

c0073719_13304673.jpgスウィーツを入れていただいてるワインバーで友人のお誕生日のお祝いをした。
おいしいシャンパンで乾杯し、楽しい時間。
久しぶりにチーズが入ったパスタをいただいた。
と、
今朝顔を洗った時に頬骨の下辺りに痛みと違和感。
左右両方とも押すと鈍痛がある。

あぁ~。。かなり久しぶりの乳製品。
そー言えばオーナーがお祝いにケーキにアイスクリームを添えてご馳走してくれたのも
しっかりいただいた。
(ケーキは私が焼いたベジケーキだけれど)

OBの奥津さんが、乳製品がまだカラダに結構残っている人は
頬骨の下のとこ押すと痛いよって言っていた。

今日はタマネギと切干大根のMISOスープで脂肪排出。
マクロビオティックはやっぱりおもしろい。
[PR]
by vegetabiles | 2005-04-28 13:30 | マクロビオティック

そばとタケノコ

c0073719_11395525.jpg
ひさしぶりのそば打ち。
二八と十一そばを打った。

試食タイム用にタケノコのバルサミコ風味の甘酢炒めを作る。

タケノコを茹でて切り、バルサミコと醤油のタレに漬け込んでおく(バルサミコ多め)
今日はガーリックパウダーも少しいれた。
これに完全粉をまぶしてソテーし、
菜の花やアスパラ、エリンギなどと一緒に炒めて残ったタレをからめた。

盛り付けして山椒のパウダーをふる。
ほんとうは、木の芽をトッピングしたいところだけれど。

春っぽくてなかなかいい感じ。

タケノコにまぶした完全粉がタレを吸っておいしい。
そばも完全粉も粉がおいしいと料理の腕はいらない。
素材は大切だ。
[PR]
by vegetabiles | 2005-04-25 09:05 | マクロビオティック

よもぎだんご

c0073719_11284112.jpg
ナチュラルな素材で作るベジなケーキは楽しくて美味しい。
でも、普段のマクロビのおやつには、お豆やお米の粉のお団子とか
蒸したものとか、素材の甘さをじんわりと感じたい。
昔からの智慧がつまってる和のおやつには
ココロもカラダもホッとする優しさがある。
日本人でよかったなぁ。。と思う。

よもぎだんごを作った。
蓬(野草)と米の粉(穀物)とあんこ(豆)で作るおやつ。
自然の流れに添って暮らしてきた先人の季節の楽しみ方は素敵だ。

c0073719_11292563.jpg
よもぎは柔らかい葉の部分を摘み取り、塩を少し入れた熱湯で2、3分茹でザルにとって冷ます。(マクロビでは青菜を茹でる時には、水にはさらさない)
これを細かく刻んですり鉢ですっておく。
今日は、もち玄米粉を使いきってしまいたかったので、もち玄米粉100%で作ることにした。
もち玄米粉をお湯で耳たぶくらいのかたさに練り、小分けにして蒸し器で20分くらい蒸す。
蒸し上がったら、熱いうちに布巾の中でこぶしでついていく。
すり鉢に移し、すりこぎでよもぎが混ざるようにつきあげる。
小豆に昆布を3cm角くらい入れて柔らかく煮る。
米飴を入れて練り上げ塩少々入れて味を調え、冷ましておく。
よもぎだんごの中に餡を包みきなこをふる。

米飴だけで作る餡はおいしい。
このあんこは時間がたつとだんだん美味しくなってくる気がする。

時間がたって味がでるような人間になりたいと思う。
もうかなり時間がたっているのが気になるけれど・・・。
[PR]
by vegetabiles | 2005-04-19 11:59 | マクロビオティック

朝どりイチゴのベジタルト

c0073719_1952219.jpg
打ち上げコンサートのおみやげ用に今日もイチゴのタルトを焼いた。
今日はフレッシュないちごをメープルとバルサミコとラム酒でマリネしたものをトッピング。
大人のパーティならバルサミコとラム酒だけでもいい。
ワインバーに納めるケーキは、焼き込んだものと限られてしまうけれど、
本当はこうしてフレッシュなフルーツをトッピングしたものが断然おいしい。
スープやサラダも同じ。火を通したものとフレッシュなものの組み合わせは、途端に盛り付けたものがイキイキし始め、食感も味も何倍も複雑な味を楽しめる。

全粒紛で作るタルトの生地は本当においしい。
だけど、全粒紛だけだとどうしても焼き上げが壊れやすく、型に敷き込むのも一苦労。
半々位の割合にして麺棒で延ばさず、直接型に手で敷き詰めるやり方が具合がいい。
これだと、生地にコーンミールやつぶつぶしたものを混ぜ込んでもいい感じに出来る。
道具も汚さずワンボールで出来るのが気に入っている。
粉、植物油、いろいろ変えて食感や味の違いを楽しむのは楽しい。
[PR]
by vegetabiles | 2005-04-16 19:33 | ベジタブルスウィーツ

 ベジなチーズケーキ・レシピ

c0073719_1323018.jpg

ご質問があったのでレシピをご紹介。

[クラスト]
A) アーモンド(軽くロースト)  25g
   全粒薄力粉          50g
   地粉(または玄米粉)     40g
   自然塩           小さじ1/8

B) メープルシロップ      大さじ2
   菜種油           1/4カップ

[クリーム]
C) 木綿豆腐(水切りしたもの) 400g
   アーモンドパウダー       85g
   もち米あめ         1/2カップ
   メープルシロップ     1/4カップ
   菜種油              75cc
   葛粉             大さじ2
   白味噌              20g
   レモンの皮           1個分
   レモンの絞り汁        1個分
   ダークラム酒        大さじ1
    ※ マクロビレシピは、ナチュラルパニラエッセンス大さじ1/2

D) ラム酒付けレーズン  大さじ2
   ※ マクロビレシピは、オーガニックワインに漬けたレーズンかりんごジュースに漬けて
      おいたもの

[作り方]
 ① Aをフードプロセッサーに入れ、アーモンドが細かくなるまでまわす。
 ② Bを入れてコムベラで混ぜて21cmのタルト型に手で敷き詰め170℃で10分焼く。 
 ③ Cをフードプロセッサーでなめらかになるまで回し、レーズンを混ぜる。
 ④ ③を②に流し入れ、170℃で1時間焼く。
 
 
  
[PR]
by vegetabiles | 2005-04-05 13:43 | ベジタブルスウィーツ

色の力

c0073719_12241551.jpg
春になるとたんぽぽやミモザの黄色が元気をくれる。
黄色は第3チャクラの色。
春ののびやかに上に拡がるエネルギーは、肝臓の排出のサポートだ。
自然界の仕組みは素晴らしい。

今、若々しい緑のものが無性に食べたい。
緑は第4チャクラ、ハートチャクラの色である。
カラダもココロも開放されたがっているのだ。

今日の味噌汁は、やさしい麦みそで作ろう。。
霊性を高める「白」も入れようか。
[PR]
by vegetabiles | 2005-04-01 12:37 | マクロビオティック